川崎市麻生区鎮座 琴平神社 お知らせサイトです

 

琴平神社本殿

御社殿は平成十九年に放火により焼失。その後、再建工事が進められ、平成二十三年に新しい御社殿が完成致しました。
 

新しい本殿
 
旧本殿
 
 
 

天井画の復元

 
かつて本殿の天井には六十三枚もの板絵がございました。渡辺崋山の筆と伝えられている六十三枚の花鳥山水の板絵は、琴平神社の宝物の一つでありました。
平成二十三年、本殿再建に当たり宮司志村幸男が自ら筆をとって復元。先代の宮司が残した天井画の写真を元にして、金色地に油絵で描かれました。

 

 

焼失前の天井画
 
 
写真を元に復元した絵
 
 
 

本殿狛犬

 
本殿の狛犬は新旧二対ございます。
古いものは「天保九戌年十月吉日」の文字が見られます。
新しいものは昭和五十七年のものです。

 


僧上坊と小天狗(鴉天狗)の安座する鳥居

 

  • 本殿鳥居の上段にお坊さんと小天狗が安座していました。しかしながら、残念なことにこの像は破損してしまい、今は見ることができません。
  • この様な様式の鳥居はこの近郊では珍しく、これは、天台宗・真言宗派の別当寺のお宮に多く見られる様式の鳥居で、金比羅大権現と言われた頃の名残りをとどめたものです。
  • 鳥居上の小石の数は信心の厚さを示すもので「護法善神の法楽」と呼ばれています。「護法善神の法楽」は、天台宗・真言宗派の別当寺院において施餓鬼会の晩に行われ、どれだけ自分が徳を積んだかの心の証を示すものです。施餓鬼供養を行った人は小石を一つ鳥居に上げて、また次の会に一つ増やしていき、年の暮の最後の施餓鬼会に小石を取り上げて、どれだけ徳を積んだか小石の数を数えて善行の反省としました。

 
 

 

 


がまんさんの手水舎

 
 

 

 

  • 本殿の手水舎は「がまんさん」と呼ばれる四人の山伏が手水舎を支えています。
  • これは我慢することによって物事の貫徹を願うもので、法悦の世界を意味しています。
  • 重い手水鉢を肩で支え、重圧に耐え忍ぶ、忍耐の尊さを諭しているのです。

 

 

 

儀式殿

 

急な階段がある本殿への参拝が困難な方でも、お参りが出来るように建てられたのがこの儀式殿です。参拝者の御祈祷を執り行っています。

 

 
朱塗りの大鳥居

儀式殿の鳥居は、平成三年に朱塗りの大鳥居として再建されました。
大きさは横約14メートル、高さは約13メートルと、かなり大きなものです。
神額は香川県金刀比羅宮宮司、琴陵光重氏の揮毫によるものです。
 

儀式殿船形手水舎

 

大海原を照らし来たる少名毘古那神(すくなひこなのかみ)を表現したものです。
 
 


参集殿

 
ご祈祷の控え室、柿生の里展などの催し物などに使われています。
 
 
庭は水が流れ、美しい風景が楽しめます。
 
宮司筆の絵画も常時展示されています。
 

東屋

周りには藤棚や泰山木の木があり、きれいな花を咲かせます。
参拝者の憩いの場として親しまれております。
 
 

資料館

古文書等を保管、展示しております。(閲覧は要予約)

琴平霊廟

 
 
御本殿近くに静かに眠る神道専用墓所です。
 
 

琴平会館

祭事、会食、写真撮影等を行う事が出来ます。